大阪のバーチャルオフィスについて解説

西日本の中で一番栄えている都市は大阪になりますが、そこで事務所を構える場合には一つ難題があります。それは賃料が高いことです。業者の大きさにもよりますが100平方メートルのテナントを借りる場合は大阪市の中心部で賃料が50万円を超えることも珍しくありません。すでに軌道にのっている会社であればそれほど問題ない金額ですが、会社を設立したての頃や、あまり軌道にのってない会社であれば、それだけの賃料を払い続けると会社が赤字になってしまいます。どうしても家賃が払えないというのであれば、少し外れたところに事務所を構えてみてもいでしょう。あるいは最初から大きな事務所を借りずに小さな事務所を構えてもいいかもしれません。ですがどうしても大阪市の中心部の住所がほしい場合は、方法がないわけではありません。そこでバーチャルオフィスというものを利用するのも一つの方法になります。

バーチャルオフィスについての基本的な知識

バーチャルオフィスとは、実際にそこに事務所はないけども、住所や電話番号、そしてFAX番号などをレンタルできるサービスのことをいます。従来の賃貸オフィスなどであれば、住所や電話番号をFAX番号なども付いてきましたが場所も貸してくれます。それだけでなくコピー機や電話機などのOA機器についても貸してくれたのです。ですがバーチャルの場合は実際に事務所がありません。つまり仮想事務所というものになります。なぜこのようなオフィスがあるかといえば、住所だけ借りて信頼を得ようとしている企業が数多くあるからです。市の外れのほうにある住所よりも、大阪市の中心地の住所の方が信頼できる会社と思われるでしょう。極端な例を挙げれば、どこだかわからないような田舎の住所の会社と、都市部のだれもが知っているオフィス街に住所がある会社では、どちらが信用できるかということです。

詳細についてはどのようになっているか

事務所の場所を貸すのではなく、住所や電話番号などを貸してくれるときにはいくつか問題があります。そのひとつは郵便物の問題になります。会社にあてた郵便物が公表されているバーチャルの方に届いてしまうのです。この時の対応の仕方については、バーチャルの事務所の方に係員を一人置いておきます。その係員が郵便物を転送することで問題を解決することができます。電話に関しては、転送することで解決をすることができるでしょう。問題点は、法人銀行口座を開設するのが難しくなることです。会社の住所の場所に会社がありませんので仕方ありません。また社会保険や雇用保険を申請するのが難しくなります。これも法人銀行口座を開設するときと同じ理由です。さらに他社と同じ住所になってしまうことがある点は知っておかなければなりません。

当社は企業や独立をする際に必要となるオフィス形態を提供致します。 国外にもカリフォルニアに店舗がございますので詳しい内容はお問合せ下さい。 関東エリアでは貸し会議室・レンタルスペースもございますのでお気軽にご相談下さい。 来客が少なく事務所を設ける必要がない方々にはバーチャルオフィスが最適です。 株式会社Karigoは2006年8月に設立致しました。大阪でバーチャルオフィスを利用するならKarigoにおまかせ